茶のしずく成分・グリチルリン酸2k・茶のしずく石鹸は乾燥肌や、脂性肌など肌タイプを選ばず使える洗顔美肌石鹸です。茶のしずくで乾燥や肌荒れから解放された私が茶の雫石鹸の良さをご案内致します!

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

茶のしずく成分・グリチルリン酸2k


茶のしずく石鹸の成分で有名なのは、カテキンです。お茶の葉の成分で作られていますのでカテキンが入っているのはすぐに想像がつきますよね。しかし茶のしずく石鹸に含まれている天然由来の成分で重要なのが「サリチルリチン酸2k」です。主に肌のダメージケアの役割を果たしている成分です。
サリチルリチン酸2kとは何かというと
甘草(カンゾウ)の根茎または根から抽出したグリチルリチン酸の水溶液を酸性にした粉末状のものです。これは水に溶けやすくしたのがグリチルリチン酸2kとなります。化粧品やシャンプーにも使われたり、あと甘味料としても使われていますので誰でも一度は口にしたことがあるものです。薬剤としても多くの漢方薬に使われていて風邪の初期症状に効いたり、あとは慢性や急性の皮膚炎に処方されることもあります。化粧水やシャンプーなどに使われているのは、炎症を抑えたり肌荒れやニキビを予防できるという理由からです。
茶のしずく石鹸にも配合されていて、お肌のダメージを補修したり二キビ予防のためにおおきな役割をもっているということですね!
Copyright © 茶のしずく石鹸が大好き.net All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。